ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 上下水道部 > 業務課 > 自分でできる漏水チェックの方法

本文

自分でできる漏水チェックの方法

ページID:0005413 更新日:2023年1月16日更新 印刷ページ表示

漏水かも?と思ったら・・・

漏水軽減には基準があり、軽減が該当しない箇所からの漏水や、数カ月にわたる長期漏水等は、お客さまの負担が多くなってしまう場合があるため、早めの修理が必要となります。

→ 定期的に漏水チェックしましょう。

漏水軽減とは・・・漏水等に伴うお客さまの水道料金等の負担軽減のため、⼀定の基準を満たす場合に限って、水道料金等を軽減する制度を設けております。

漏水チェック手順

(1)家庭内の蛇口をすべて閉めましょう。

(2)メーターボックスを開け、水道メーターを確認しましょう。

(3)水道メーターのパイロットが回転していれば漏水している可能性があります。

メーターボックス内パイロット写真

あわせて確認してみましょう!

●蛇口からポタポタと水滴が落ちていませんか?

 → 蛇口のパッキンがすり減っていると、蛇口を閉めても水が止まりません。

●トイレの水は止まっていますか?

 → タンク内のボールタップが適正に降りていない場合があります。
   タンクの蓋を開け、ボールタップを動かしてみましょう。

●水抜き栓が半開きになていませんか?

 → 水抜き栓のハンドルは全開か全閉で使用してください。
   半開きの状態では水道管内の水が地下に流れ続けることもあります。

●配管付近の地面や壁などが濡れていませんか?

 → 天気がいいのにいつも濡れているのは地中や壁の中で水道が漏れているかもしれません。

水抜栓

漏水箇所がわかったら・・・

「指定給水装置工事事業者」へ修理の依頼をしましょう。

※ 水道料金の漏水軽減には基準があります。
  詳しくは「水道料金等の軽減(漏水軽減)について」をご覧ください。

 「指定給水装置工事事業者」で修理をしないと「対象外」になってしまうのでご注意ください!

漏水箇所がわからなかったら・・・

現地調査に伺います!下記までご連絡ください。

 山形市上下水道部 給排水センター
 電話:023-645-1177(内線140~144)

関連ファイル

その他 水道の心配事は・・・

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)