ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

災害に強い水道施設

ページID:0003295 更新日:2022年4月25日更新 印刷ページ表示

地震被害を最小限に抑え、漏水発生や断水被害を抑制するため、水道管路施設の耐震化などにより、災害に強い水道を目指しています。

水道管の更新・耐震化

水道管は、1本4~5mの管が繋ぎ合わさって構成されています。

耐震管は、その管と管の繋ぎ部分が、地震による地盤の動きにあわせて対応する柔軟性や伸縮性を持っており、また、離脱防止機能がついています。

山形市では、平成18年度より、全面的に耐震管を採用しています。

耐震管写真

耐震化の状況

水道管の更新時には、耐震管に交換しており、毎年およそ15kmの管路を計画的に進めています。

令和3年度施工箇所及び令和4年度施工予定箇所は、次のとおりです。

令和3年度施工箇所及び令和4年度施行予定箇所 [PDFファイル/394KB]

 

水道管の更新にあたっては、老朽化した管路、学校や公民館などの避難所、防災拠点等につながる水道管を優先しています。

令和3年度時点では、次の22箇所の避難所等が、配水地から耐震管・比較的耐震性の高い管によりつながっています。

耐震管・比較的耐震性の高い管でつながっている避難所等 [PDFファイル/314KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)