ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 利用者のかたへ > 料金 > 料金のしくみ > 汚水排出量の認定の特例について

本文

汚水排出量の認定の特例について

ページID:0001058 更新日:2021年12月13日更新 印刷ページ表示

下水道使用料は、水道の使用水量を汚水排出量とみなして算定されております。
事業者などで 実際の汚水排出量が水道の使用水量と著しく違うときには、受水槽およびメーターなどを設置した上で、実際の汚水排出量を毎月報告いただくことなどにより、汚水排出量を減量して認定できる場合があります。

詳しくは下記のファイルをご覧ください。

汚水排出量の認定の特例について[PDFファイル/227KB]

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)