ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 水質情報 > 山形市の水質 > 水質管理 > 令和4年度水質検査計画を策定しました。

本文

令和4年度水質検査計画を策定しました。

ページID:0001166 更新日:2022年3月23日更新 印刷ページ表示

水質検査の透明性を確保するため、令和4年度水質検査計画を策定しました。

水質検査計画について

 水質検査計画とは、水源からご家庭の給水栓(蛇口)に至るまでの適正な水質管理を行うために、水質検査場所や検査項目、検査頻度などを定めたもので、毎事業年度の開始前に策定し、需要者をはじめ広く一般に情報提供することとしています。
 水質検査計画は、次の構成となっております。

  1. 水質検査の基本方針
  2. 水道事業の概要
  3. 原水及び浄水の状況
  4. 水質検査項目と検査頻度
  5. 水質検査の方法及び検査の区分(自己/委託)
  6. 臨時の水質検査
  7. 水質検査結果の情報提供
  8. 水質検査の精度管理と信頼性保証
  9. 水質自動測定機による常時監視
  10. 水質検査結果の評価と水質検査計画の見直し
  11. 関係者との連携

「令和4年度 水質検査計画」の概要

毎日検査項目 3項目 法令で義務づけられている項目で、次のとおり検査を行います。
  • 項目:色、濁り、残留塩素
  • 場所:給水栓、市内23ヶ所
  • 検査回数:1日1回
水質基準項目 51項目 基準値に適合した水を供給することが法令で義務づけられている項目で、法令で定められた地点を含め、次のとおり検査を行います。
  • 項目:大腸菌、六価クロム化合物、クロロホルムなど
  • 場所:給水栓、浄水場出口、原水、処理工程水
  • 検査回数:検査項目や場所により年1回~年12回設定します。
水質管理目標設定項目 26項目 ​毒性の評価が暫定的であるなどの理由で水質基準項目にはなっていないが、留意する項目で、次のとおり検査を行います。
  • 項目:金属類、農薬類、消毒副生成物など
  • 場所:給水栓、浄水場出口、原水、処理工程水
  • 検査回数:検査項目や場所により年1回~年12回設定します。

 このほか、耐塩素性病原性微生物であるクリプトスポリジウム及びジアルジアの検査を原水及び浄水で年2回行います。また、水道水中の放射性物質の検査を原水及び浄水について年4回行います。

 原水等に変化があるなどにより、水道により供給される水が水質基準に適合しないおそれがある場合には、上記の検査場所、回数等によらず、臨時の水質検査を行い、水道水の安全性確保に努めます。

詳しい水質検査計画について

 詳しくは、次の「令和4年度水質検査計画」をご覧ください。

関連リンク

令和4年水質検査計画 [PDFファイル/2.86MB]

 

検査結果の公表について

 水質検査結果は、山形市上下水道施設管理センター水質検査棟でご覧いただけます。また、山形市上下水道部公式ホームページで、毎月の検査結果や年報の形でお知らせしています。詳しくは、次の「水質検査結果」をご覧ください。

関連リンク

水質検査結果

お問い合わせとご意見

 お問い合わせとご意見については、次のあて先までご連絡ください。
 インターネットメール、郵送、ファックス、いずれの方法でも結構です。様式は問いません。

あて先
〒990-0836 山形市南石関27
山形市上下水道部 水運用センター 水質係
Tel番号 023-645-1177 内線315 Fax番号 023-645-4479
E-Mail suishitsu@city.yamagata-yamagata.lg.jp

 皆さまからいただいたご意見は、後日ご意見のみを集約のうえ、次年度以降の水質検査計画策定時に参考とさせていただきます。なお、昨年度(令和3年度)の同計画に対してのご意見はありませんでした。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容はわかりやすかったですか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)