放射性物質の測定状況について(下水道関連)



山形市の下水道における放射性物質の測定状況について

〜山形市の下水道は安全です〜
 上下水道部では、浄化センターから発生した下水汚泥等にかかる放射性物質測定、結果の公表を定期的に実施し、安全・安心の確保に努めています。
 これまでの測定の結果はすべて基準値以内であることから、コンポスト(肥料)として生産出荷しています。

 最新の測定状況及びこれまでの測定状況については、以下よりご確認ください。

 なお、水道に関する放射性物質の測定も行っております。次の「放射性物質の測定状況について(水道関連)」をご覧ください。

下水汚泥における測定状況(直近の結果)

測定箇所採取日結果判明日放射性セシウム(ベクレル/kg)
セシウム‐134セシウム‐137合計
山形市浄化センター2月17日2月19日不検出1.91.9
(処分方法) 再利用  (処分量) 18〜25t/日  (搬出日) 週2〜5日
※200ベクレル/kg以下のため、コンポストの材料として再利用を行いました。なお、再利用量を超える下水汚泥は、市内の産業廃棄物処分業者に委託し、埋め立て処分を行っています。

コンポスト(肥料)における測定状況(直近の結果)

測定箇所採取日結果判明日放射性セシウム(ベクレル/kg)
セシウム‐134セシウム‐137合計
前明石ケーキ処理場2月17日2月19日不検出4.34.3
(処分方法) 出荷  (処分量) 5〜10t/日  (搬出日) 2月17日
※400ベクレル/kg以下のため、コンポストとして生産出荷を行いました。

関連ファイル

このページの内容に関するお問い合わせ先

山形市上下水道部 浄化センター 運用管理係
電話番号:023-684-3272
電子メール:jokasen@city.yamagata-yamagata.lg.jp
情報更新日:2021年02月25日 | 浄化センター | 水質情報放射性物質の測定状況



PAGE TOP