水道管の凍結にご注意ください



 寒さの厳しい12月から2月下旬ころまでは、水道管の凍結に注意が必要です。
 本格的な冬が来る前に、給水装置(水抜栓)や電熱線等の点検を行いましょう。
 緊急的な凍結防止には、途切れない程度の細水を常時出しておくのも手段の一つですが、水道料金が発生しますので、早々に指定店へ工事相談をお願いします。

1.凍結するのはどんなとき

 (1)外気温がマイナス4℃以下になったとき

 (2)一日中、氷点下の真冬日が続いたとき

 (3)水道管(立ち上がり)が北側の風の当たりやすい場所にある場合

 (4)旅行で家を留守にするなど、長期間水道を使用しないとき

2.凍結するとどうなるの

 凍結すると、水が出なくなるのはもちろん、水道管が破裂することもあり、解氷作業や水道管の修繕に費用がかかります。さらには、給湯器や湯沸かし器等が凍結した場合、器具の故障の原因にもなります。

 もし、アパートやマンション等で破裂した場合は、流れ出た水で下の階の入居者にも損害を与えるおそれがあります。

3.凍結や破裂してしまったら

 軽い凍結の時は、じゃ口や水道管にタオル等を巻き付けて、熱めのお湯を少しずつかけてください。
 水道管が破裂した時は、水抜栓を閉め、指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

 アパートやマンション等にお住いの方は、大家さん・管理不動産会社に連絡してください。

4.凍結を防止するための水抜きの仕方

このページの内容に関するお問い合わせ先

山形市上下水道部 業務課 給排水室 給排水係
電話番号:023-645-1177 内線 133、134
電子メール:gyoumu@city.yamagata-yamagata.lg.jp
情報更新日:2020年12月28日 | 業務課 | お知らせとお願い新着情報



PAGE TOP