山形市上下水道部公式ホームページ -AQUA FRONT-

お問い合わせ・メール ホームへもどる


水源涵養林


前のページへもどる

水源涵養林(すいげんかんようりん)のあらまし

水源涵養林は、水源地の周辺に位置し、保水や洪水緩和、 さらには自然の自浄作用による水質浄化など「緑のダム」 とも呼ばれる重要な役割を果たしており、 良質な水源を将来に渡って確保していくために必要な森林です。 山形市では、松原浄水場の水源の一つとして、 馬見ヶ崎川の上流にあり、 蔵王連峰の北東部を源とする不動沢の流域部に72.825ha の水源涵養林を所有して、 計画的な整備と環境の保全を図っています。

山形市水源涵養林総面積

平成8年2月に山形市上下水道部では、恒久的に安全でおいしい水を市民に供給するため、山形市水源涵養林経営計画書を策定し、樹種にあった施業や拡大を図り、本市自らが厳正な管理、経営を行い、水資源保全に努めています。
具体的には、標高の低い箇所でのスギとケヤキ(落葉量が多く水源林に好適)の混交林を、また、標高の高い箇所では、スギ、カラマツとブナ(水源林としては最適樹種) の混交林の造成を実施しています。

位置
 山形市大字上宝沢字早坂上及び字村木
交通
 山形交通上宝沢行きバス終点より県道宝沢防原線を直進。約1.1kmで林道早坂上線へ右折。約3.0kmで本水源林入口に到着する。
樹種
 人工林 42.1ha
(・スギ/20.2ha ・カラマツ/19.3ha ・複層林/2.6ha)
 天然林 30.7ha
 
 合計 72.8ha

水源涵養林のはたらき

・きれいな水を蓄える
樹木に降った雨はしずくになったり、幹をつたわって地面に落ち、土の中にしみ込んで地下水になります。地下水はやがて湧水となって川に流れます。木があると降った雨の35%が地下水になりますが、無い場合は、10%しか地下水になりません。

・土砂崩れや雪崩を防ぐ
森林は、木の根が土の中で網の目のように深く広がるため、土砂崩れを防ぎます。また、森林があると雪が滑りにくくなり、雪崩が起こることも防ぎます。

このページの内容に関するお問い合わせ先

山形市上下水道部 総務課 管財係
電話番号:023-645-1177 内線 225
電子メール:jougesui-soumu@city.yamagata-yamagata.lg.jp
情報更新日:2016年09月16日 | 総務課 | 上下水道部の環境保全

一番上へもどる 前のページへもどる

山形市上下水道部

〒990-0836 山形市南石関27 電話番号:023-645-1177(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日および12月29日から1月3日を除く)